シーズンレスで活躍するウブロの時計「ビッグ・バン ベージュ ダイヤモンド」

上品なベージュカラーで、カジュアルからフォーマルまで大人女性の手元を巧みに演出してくれるウブロの日本限定タイムピース「ビッグ・バン ベージュ ダイヤモンド」をチェック!

「ビッグ・バン ベージュ ダイヤモンド」(38mm径、SS×D、クォーツ、10気圧防水)1,397,000円
「ビッグ・バン ベージュ ダイヤモンド」は、ウブロのアイコニックな「ビッグ・バン」コレクションに新しく加わった日本限定発売の女性用モデル。

ダイヤルやストラップ、それぞれに取り入れられた質感の異なるベージュがダイヤモンドの輝きと融合し、手元を華やかに演出。また、アリゲーターストラップの裏にホワイトラバーが施された装着感のよさもポイント。ウブロ ビッグバンの腕時計エレガントなレザーストラップの佇まいと装着感の良さを同時に実現しているのが嬉しい! 

ベージュはエクラ世代が愛するベーシックカラーのひとつ。服にも合わせやすく、38mmの少し大きめサイズでも、柔らかな印象を与えます。夏は軽やかに、冬は温かに見えるニュアンスカラーはシーズンレスで活躍してくれそう。パートナーとのシェアウォッチの候補にもおすすめです。

【関連記事】:プロのファッションニュース情報センター

【Nike】Air Jordan 13 Retro “Court Purple”が国内2022年1月8日に発売予定

ナイキ ジョーダンブランド 黒紫カラーリングの新作 AJ13(エアジョーダン13) レトロ “コートパープル”が登場 [DJ5982-015]
「Nike(ナイキスニーカー メンズ)」〈JORDAN BRAND(ジョーダンブランド)〉から新作シューズ Air Jordan 13 Retro “Court Purple”(エアジョーダン13 レトロ “コートパープル”)が、国内2022年1月8日(土)に発売予定。

販売定価: 23,100円(税込)
黒豹の様にコートを縦横無尽に駆け回るMichael Jordan(マイケル・ジョーダン)のイメージを具現化し、黒豹の光る目を思わせるユニークなホログラムが特徴的な13代目シグネチャーモデル「Air Jordan 13(エアジョーダン13)」。新色となる本作では、ブラックカラーに光を反射するリフレクティブステッチを織り込んだメッシュ生地でアッパーを構築。マッドガードやヒール部分にはコートパープルカラーのスウェード生地を使用し、アウトソールには大地をしっかり捉える肉球を表現したデザインが落とし込まれている。

国内販売情報の追加など、新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。

【関連記事】:あなたに合ったファッショナブルなギフトを選択してください

レディースパンツ&ジャケットの人気モデルは?

ディーゼル(DIESEL)の2022年春夏シーズンよりスタートするデニムライン「ディーゼル ライブラリー(DIESEL LIBRARY)」。ディーゼルのデニムコレクションの全体の50%を占めるパーマネントコレクションであり、タイムレスな“ディーゼル デニム”をメンズ・レディースで展開する。

デニムジャケット 42,900円、デニムパンツ 35,200円(1月展開予定) ※その他参考商品
デニムジャケット 42,900円、デニムパンツ 35,200円(1月展開予定) ※その他参考商品

ディーゼルのコアアイテムであるデニムにクリエイティブ・ディレクター、グレン・マーティンスが手掛けるジェンダーレスなデザインアプローチを採用し、色褪せないデザインで、長く使えるデニムアイテムを揃える。

「ディーゼル ライブラリー」の魅力とは?

デニムジャケット 52,800円、デニムパンツ 35,200円 ※その他参考商品
デニムジャケット 52,800円、デニムパンツ 35,200円 ※その他参考商品

トレンドを超えたマスターピース
シルエットは、ディーゼル デニムで長く愛されてきたモデルをアップデートし、トレンドを超えて愛されるクラシックなデザインを展開する。モデル名にはそれぞれのデザインインスピレーションとなった年が付けられている。

耐久性に長けた高品質デニム
資源利用に基づいて選択された繊維、洗浄、加工方法で生産し、サステナブルを意識しながら、イノベーションと新しい生産技術の探求を強化。耐久性のある高品質なデニムを採用している。なお、各アイテムに取り付けられているQRコードでそれぞれのアイテムの特性を知ることができる。

幅広いラインナップ
「ディーゼル ライブラリー」は、幅広いラインナップも魅力。パンツ、ジャケット、トップス、スカートなどを揃える。また、パンツはスキニーからワイドまで、様々なデザインを揃えている。

【関連記事】:https://napouih3106.wordpress.com/

THE NORTH FACE URBAN EXPLORATION から2022年秋冬コレクションの第2弾アイテムが登場

〈THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)〉が、アウトドアシーンで培った機能性合理性と、都市生活における利便性というふたつの軸で構成する〈THE NORTH FACE URBAN EXPLORATION(ザ・ノース・フェイス・アーバン・エクスプロレイション)〉ノースフェイス ジャケット。先月、同ブランドが発表したコレクション “The Dialogue of Urban Expolration.”から、第2弾ドロップとなる“Urban Utility”が登場した。

“Urban Utility”では、10のポケットを備え、ストラップとバックルで装飾した“UTILITY ENERGY JACKET”など機能性の高いアイテムが登場。ルーズフィットなシルエットが特徴的なこのジャケットは、街中のコンクリートに映えるカーキ、ネイビー、オリーブグリーン、パープルといったダークトーンのカラーを採用。防水性、防風性、通気性の高いDryVent™️ファブリックを用いているため、気候の変動にも対応できる。その他、軽量な4つのポケット付きジャケット、透湿性と吸水速乾性の高いFlashdry素材のTシャツがラインアップしている。

これらのアイテムは、香港と台湾の〈THE NORTH FACE〉直営店および一部取扱店で販売中。日本国内では残念ながら取り扱いがないため、公式『Instagram』からアイテムのディテールだけでもチェックしておこう。

ルイ・ヴィトンを纏ったレナーテ・ラインスヴェらがヨーロピアン・フィルム・アワード授賞式に登場

2021年12月11日(現地時間)にベルリンで開催されたヨーロピアン・フィルム・アワード 2021の授賞式にて、ベストアクター/アクトレスにノミネートされた3名、タハール・ラヒム、レナーテ・ラインスヴェ、アガット·ルッセルにルイ・ヴィトンのコレクションを着用いただきました。

©Louis Vuitton
タハール・ラヒム(最優秀男優賞にノミネート)
ルイ・ヴィトンの2021秋冬コレクション、ブーツ、ウォッチ「タンブール オールブラック」を着用

©Louis Vuitton
レナーテ・ラインスヴェ(最優秀女優賞にノミネート)
ルイ・ヴィトンの2022クルーズ・コレクション、ブーツを着用


アガット·ルッセル(最優秀女優賞にノミネート)
ルイ・ヴィトンの2022春夏コレクションを着用

【ルイ・ヴィトンについて】1854年の創業以来、ルイ・ヴィトンは、革新とスタイルを組み合わせた独自のデザインを常に最高級な品質で提供し続けています。現在もトラベルラゲージ、バッグ、アクセサリーなどの製品を通じて、クリエイティブでありながらエレガントで実用的という、創業者ルイ・ヴィトンが生み出した「旅の真髄(こころ)」という精神を忠実に受け継いでいます。ルイ・ヴィトンというストーリーを作り上げたのは「大胆さ」でした。伝統を重んじ、歴史の中で建築家、アーティスト、デザイナーに門戸を開き、プレタポルテ、シューズ、アクセサリー、ウォッチ、ファインジュエリー、フレグランスなどの分野を開拓してきたのです。これらの丁寧に製作された製品は、ルイ・ヴィトンがクラフツマンシップにいかにこだわりを持ってきたかという証となっています。

フルラ×カリグラフィーアーティスト・小泉遼のレザーグッズ、伊勢丹新宿店メンズ館限定で

フルラ(FURLA)とカリグラフィーアーティスト・小泉遼のコラボレーションによる新作レザーグッズが登場。2022年12月15日(水)から12月28日(火)までの期間、伊勢丹新宿店メンズ館にて限定で発売され、同時に小泉によるパーソナライズサービスも実施される。

フルラ×カリグラフィーアーティスト・小泉遼のコラボレザーグッズ

マン テクニカル N/S リバーシブル トート 64,900円、マン プロジェクト アイパッド エンベロープ 31,900円
マン テクニカル N/S リバーシブル トート 64,900円、マン プロジェクト アイパッド エンベロープ 31,900円

今回フルラとコラボレーションする小泉遼は、文字を中心としたビジュアルやロゴのデザインを手掛けるカリグラフィーアーティスト。これまで、NHK大河ドラマ『西郷どん』の題字や、音楽フェス「サマーソニック」「グリーンルームフェスティバル」などのイベントへの出展、グローバル企業のオフィス壁画を描くなど、様々なフィールドで活動してきた。

マン ジョーヴェ M トート 64,900円
マン ジョーヴェ M トート 64,900円

そんな小泉とフルラとのコラボレーションでは、小泉がペイントデザインしたバッグや財布などのレザーグッズを展開するほか、対象のフルラのレザーグッズに小泉がイニシャルやショートメッセージなどのアートワークを描くパーソナライズサービスを伊勢丹新宿店メンズ館で実施。

12月18日(土)、12月19日(日)、12月24日(金)、12月25日(土)の4日間は、小泉自身が在店。小泉がその場で、イニシャルやショートメッセージのアートワークを、フルラで当日購入した対象のレザーグッズにペイントするパーソナライズイベントを開催する。

すべてのそれらの極端なシルエットと悪質な仕立て屋に加えて

Balenciagaショーのためのセットは完全にコバルト集会室―国連とほぼ同じ正確な形でした、そして、欧州連合旗の陰―スペースを襲って、小さな穴に降りているキャットウォークのmobiusストリップで。それは、EUの運命のための比喩、解体の政治的景観の反映を考慮してください。

それがすべてのより多くのprecientになったことは、Demna Gvasaliaのコレクションが力についてであったということでした-彼のショーメモが読んだので、「パワードレッシング、どんな仕事をしても」。彼のショーは映画的な性格の奇妙なキャストでした−モデルは非モデルで、若くて、若かったです:建築家、勇敢な人、学生、芸術家、音楽家、クーリエ、エンジニア、ウェイター―そうではないように見えない人々のパレードは、その頭の上で力のその考えを回しているようでした。冷静なサウンドトラックは、これらの不愉快に似合う数字が良いか悪い人々、政治家またはプロレタリアートであったかどうか決定できませんでした。 バレンシアガ – Wikipedia誰が本当に力を持って?誰が-またはそれを持っている必要がありますか?それはあなたがより良い世界を希望するために大胆な注文を質問することを求めていた。

それはスリリングだった。そこに実際に存在し、魅力的な感覚は、デマが力との関連性にriffed嗅覚雰囲気を作成するために香りの科学者のシッセルTruaasを参加しているという事実によって増幅されました。Truaasは4つの匂いを作りました-防腐剤、血、お金とガソリン-それはプレゼンテーションの全体にわたって天井とカーテンの後ろから解放されました。補綴頬骨と唇の美しさの基準をシフトするには、頭の封筒叔父フェスタパーカは、膨らませたパフのジャケットが並んでいたと同じ方法で増幅プロモーション。

残りの服は制服についてのものでした。デマがそれを置いたので、「新しいファッションユニフォーム」。ちょうどガソリンだけではなく、トラックスーツのトップスや神秘的なトレンチコートに適用された王朝のようなモーグルの威嚇的に大きな肩のような広い肩のスーツがあった。バレンシアガ デニムプリントされた絹のパジャマ(メッセージ:すべてがそうであるというわけではありませんでした)、そして、それらの高い首のたっぷりの、そして、垂直に肩をすくめられた絹のドレスは、デーモンがVetementsで彼の名前を作りました。ポルカドットと香水ボトル-パワーハウスのパンとバターにノーズ。

Balenciagaでは、販売のライオンのシェアは、それらのツイストアクセサリーと爆風靴から来る。それで、すべてのそれらの極端なシルエットと悪質な仕立て屋に加えて、ハローキティハンドバッグと最新のBalenciagaスニーカーがありました:『Tyrex』、アスレチックスと古典的な9から5のオフィスシューのハイブリッド。DemnaがBalenciagaでするものの輝きの一部は、それが最も壮大なものへの最もカジュアルで、banalな服のねじれた概念から継ぎ目なく切り替わるということです。Nadja Auermannは、元のCristobal Balenciaga創造のほとんどカーボンコピーであった黒いサテンガウンで出ました。シルバーゴールドとゴールドルクレノキの木は、(あなたが疑問に思っていた場合)は、彼らはEUのスパイラルをかえって来たとして、現実的な、わずかに外国人のような品質を持っていた、そうステルス富の不条理の風刺、“B @ lenの私は”9 A -ブランドのTシャツとの対照的なコントラスト。これはモダンな贅沢です。

何をコレクションのことを考えるべきかについて

ブリュッセルショップオーナーは、今日のファッションに情熱的な彼女は、彼女はアンDemeulemester、リックオーエンズ、ハイダーAckermann、driesバンNoten、Y / Project、Raf SimonsとMartin Margielaのようなブランドを販売しているブリュッセルでRue Dansaertで彼女の最初の店Stijlを開いたときとして情熱的です。彼女はブリュッセルの18世紀の家で、2001年にヨーロッパで最初のマーティンMargiela店を開けました。

私は彼の最初のショーをとてもよく覚えています–私がその日に私の最初の赤ちゃんを持っていたので、大部分は私がそれに出席することができなかったので!私はその後のショーのビデオを見て、彼のショールームで服を見て、何をコレクションのことを考えるべきかについて、わかりませんでした:それは美しいか醜いですか?Margielaは非常に狭い肩と袖でジャケットをカットしました。 バレンシアガ バッグの通販彼の広いズボンにはあらかじめ作られた膝の形があり、縫い目は生で未完成であった。ある意味では、私はそれを愛していたので、私は全体のコレクションを注文-マーティンの最初のコレクションは、生産にも行っていないので、ショーピースを得た。私はまだいくつかのブリュッセルのファッション博物館にそれらを寄付する計画と計画を持っている。

「じゃあMargielaの店を開いたとき、彼はパリから来てどのように店を見るべきか教えてくれた。彼はすべての写真を撮って、白のマーカーでそれらを描いた。私たちは古い木製のドア、重いガラス窓、白い大理石の床、クリスタルランプを入れました。マーティンは正確に彼が何を望んでいるかを知っていました。

「彼の作品はいつも黙示録で、いつも新しくて驚くべきものだった。彼のショーの場所から彼はメディアと買い手、モデルの彼の選択を送った。どのように彼らの髪と化粧が行われた。その後、コレクション自体があった、彼は予備コレクションをしなかったので、買い手として我々は何を期待することを知らなかった。マーティンは彼の20年間で多くのアイデアをくれました。それは何年もデザイナーを刺激するでしょう。

「彼は芸術家だった。彼のデザインについての彼の拒否は、彼の服は彼の話を語った。彼はファッションについてファッションについて考えている

デマGvasaliaは、パリのメゾンMargielaでアントワープ王立芸術アカデミーから卒業した後、彼の最初の仕事をしました。彼は現在、最も尊敬されるデザイナーの仕事、Balenciagaのクリエイティブディレクターと彼は常にエネルギーとスピリットマーティンに敬意を払っている彼の自身のラベルVetementsで、彼の中に点在している。

同氏は、「アントワープを卒業した後、マジェエラでのマスターズ・プログラムとして働いていた。バレンシアガ新作そこで働くことは、美しさは私たちの周りのすべての中で見つけることができることを発見した。

「私はマーガラ自身と一緒に仕事をしたり、会ったりしなかったが、私が自分自身を教育したアーカイブで発見した仕事を通して、彼は服装について好奇心をかき立てた。私は創造性は何か偉大な、完全に左のオーバーから次へと何かを新たにすることができます発見。Margielaは私に服を考えさせました。

「彼のアプローチは、創造性が無限である必要があるという考えを正当化した。私はMargielaで古いスーパーバッグから衣服を作ることを学んだ。私も、限られた資源を持っていることから来る巨大な創造性を発見しました。このように、それは私自身の創造的アイデンティティを正当化しました。

それがどのように私を感じさせたか想像できますか

「早めに始まって、2008年まで続く30年以上の間の堅い仕事と献身の期間への美しい賛辞-私は、私が世界的な増加している圧力と取引の過度に成長している要求でこれ以上対処することができなかったと感じました。私はまた、ソーシャルメディアによって運ばれた情報の過量を後悔しています。しかし、今日、私は再びいくつかの今後のデザイナーによって、ファッションの創造性に対する関心が高まっていることに気がつきます

ファッションの世界での彼のタッチに到達し、浸透してどの程度まで与えられた、と彼の歴史の中で、この特別な年をマークするには、我々は知っていたとマーティンマルジェエラとそれらの影響と彼の永続的な遺産について4人を尋ねた。

仲間のベルギーKristinaデConinckは、Margielaの好きなモデルとミューズになったアーティストでした、そして、彼らは今日まで良い友人のままでした。大人気バレンシアガKristinaはほぼ偶然にモデルになりました、26時に、彼女はカメラマンロナルドStoops(アントワープのMegelaのお気に入りのメイクアップアーティストのインゲンGrgnardの夫―アントワープは本当に小さな町です)がPintsを引くこととして若干の余分のお金を得たとき、彼女はスカウトされました。

彼は彼女にデザイナーのDirk Van Saene(アントワープ6のうちの1つ)のためにキャスティングコールに行くように説得しました。マーティン・マルジェラはその結果の撮影を見て、残りは歴史である。クリスティナはパリに移り、小さなアパートを借りてマーティンと仕事を始めた。

マーティンはモデルについて話している途中で、私たちみんなにとても尊敬していた。マーティンとの幸せな思い出の多くは、私たちが聴いた音楽に関連しています。彼のショーのうちの1つで-パリのコンシェルジュで、そして、昨年、彼の展示会の間、彼は私の大好きな歌を含みました:ミニーRelpertonによってあなたを愛していて。あなたは、それがどのように私を感じさせたか想像できますか?とてもうれしい

「それから、私たちが何か狂った笑いをした瞬間について考えます。私が彼が働くのを見た瞬間、彼はとても集中していました。しばしばマーティンは私に彼が作ったものを見せました。そして、それはファッションでありませんでした。私は彼が私とこの瞬間を共有したことに触れた。彼のおかげで、私は人生で、あなたは勇気、勇気、決意を必要とすることを知りました…しかし、感度、優しさ、注意、献身のための場所があるときだけ、これらの強い語は意味をなします。

同氏は、「現在、アントワープ・アカデミーとして知られている。マーティンは年をとっていて、私は彼の仕事について聞いたが、彼を見なかった。 バレンシアガ – Wikipediaリザベーション新聞で働いていた友人が彼に会いに来てくれと頼んだ。私が彼に会って、彼の仕事を見たとき、私はすぐに彼が自分のラインの準備ができていて、彼が見習いを必要としないとすぐに彼に言いました。しかし、彼は彼が私と仕事をしたいと主張しました。彼は3年間私と一緒にいた、彼は私の最高の助手だった、彼は私の友人になったとき、彼は彼が残して、自分のラインを開始したいと私に言ったとき私は彼の幸運を祈ることができた。

「私は、彼がすることに決めたもののいくつかが私のために働いている間、彼が見たものに反応していたと思います。私は、メディアを取得し始めていたデザイナーの最初の世代の一部であり、彼は写真やインタビューをすることはありませんトータル匿名を選んだ。私はまた、私たちはルトロムラのオウルと古典の再解釈の愛を共有すると思う。私は、いつも彼が創造に対する妥協しないスタンスと、彼が立ち止まることに決めたならば、ファッションから離れている彼の強さのために、彼を賞賛しました

ミランに拠点を置くデザイナーのために

さんのための物議を醸す動きは、あなたに彼が何をそれにしさせたかについて、あなたに強要させました。土曜日に、彼は女性のカウンターパートを提示しました。白いモデルは渡辺さんのトライバルギアで飾られたショーは、厳密に個人的にあなたの解釈によって個人的に解釈で-文化の適応の植民地現象のアイデアを共有した。20世紀の反巨人啓蒙の後、独立への途中で植民地の国に配置された西の人々はこれらの国で彼らの位置に関して再教育されました、そして、いくつかは彼らを取り巻く先住民文化を尊重するために非常に長い間行きました。Tribal Gearの白人のいくぶん滑稽な考えが具体化したように、不快なようであるかもしれませんが、本当に敬意を表することを意味しました。

半年前に早急に、我々は今では政治的に正しい世界で、西洋人の大多数が文化的に不敬なようには見えないようにしている。バレンシアガ tシャツ何人かは、自分たち自身とは異なる文化を受け入れ、そして結局、彼らを怒らせてしまうことに熱心になります。ロンドンの通りを歩いている白い女性は、伝統的なアフリカのコスチュームのタイプを着ていると言います。あなたがそうしなければならないならば、あなたがそうしないならば、それは心臓で無実の文化的な衝突のタイプです、しかし、時間だけによって癒されることができます。それは、渡辺純也が伝えようとしていたものであるならば、それは同情的な概念でした、そして、たった今起こっている巨大な移行の背景に、それはあなたを止めさせて、考えさせました。

彼の女性のコレクションのために、ニールバレットのも男性からの彼の考えについては、-彼の方法です-文化的な商標を融合の概念に触れる。彼の主題は、アラブ世界のKeffiyehスカーフから伝統的なモチーフであり、偽装に似た印刷に取り組んだ。今年はバレットの会社に大きな拡大を見ました。そして、それは彼の存在が増加しているアジアで特に広範囲に彼の頻繁なフライヤーマイルに加えました。ミランに拠点を置くデザイナーのために、グローバリズムとグローバリゼーションは、彼が彼の仕事に対処する一定の現実です。彼の春/夏コレクションのために、彼はフリルに長いキルトをスライスしました。彼らは現代に到着した。

ヴィヴィアンウエストウッドゴールドレーベルでは、世界についても。より具体的には、ヴェネツィアとして知られている小さなが、不可欠なスライスは、イタリアの北東の海岸からその文化的な宝物、我々はおそらく、すべてのファッションウィークを持っていないだろうアートの歴史なし。それがそうであるように、Dame Vivienneの美学はルネッサンスの好意に楽にそれ自体を貸します、そして、ヴェネツィアを救う彼女の呼び出しのために-それは地球温暖化のために過去世紀にわたって助かりました-彼女とアンドレアス王朝の美しい娘から血まみれの手で陰謀と陰謀的な枢機卿までs。 バレンシアガ 中古 それは純粋な劇場、魅惑的な刺繍と渦巻きヴェネツィア装飾で覆われていた。これが世界を救うものであるならば、すでにそれに着きます。

壮大な歴史的な参照のための春/夏17の季節の賛美と並んで、純度の本質は、コレクションを通してふるわれました。ミシェル・プラダがポスト・ショーを言ったとき、彼女が彼女の剥奪されたコレクションが優雅さと単純さについてであったと宣言したとき、それは、狂った世界の生命美徳―クリストファーケーンを第二次世界大戦のmake doとmendを参照させました、そして、リックオーエンズが彼が彼のガウンを言ったとき話していたもの純粋な優雅さ!-私たち全員が対処しなければならない衰退への反応でした。モンマルトルで土曜日の夜に-彼女の通常の脱退壮大なよりもはるかにきれいで最小限の会場で-川久保玲は、彼女の最もaustere commeデガーソンオンコレクション年を示している。その絵を見ると変だ。多くの季節については、川久保は巨大な彼女のマンモス作品のサイズはもはや彼女の意味の焦点ではない程度に自分自身を表現している。代わりに、私たちは、彼女が彼らに適用するものを見ます。